◆「戦没学生のメッセージ」プロジェクトこれまでの活動

私ども東京藝術大学大学史史料室では、かねてより戦時下の東京音楽学校の学生たちの消息について資料調査を進めておりましたが、2017年、本学が創立130周年を迎えたのを機に、大学として「戦没学生のメッセージ」プロジェクトを立ち上げました。
そして2度のクラウドファンディングによって、皆さまから総額660万円のご支援をいただき、下記のような事業を行いました。

  1. 戦没学生のメッセージ「戦時下の東京音楽学校・東京美術学校」
    シンポジウム&トークイン・コンサート
    2017年7月30日(日) 東京藝術大学音楽学部内第6ホール&奏楽堂
  2. 戦没学生のメッセージ「アーカイブ推進コンサート1」
    2017年11月23日(木・祝) 東京藝術大学音楽学部内第2ホール
  3. 戦没学生のメッセージⅡ
    シンポジウム「今「学徒出陣」をどうとらえるか」
    2018年7月22日(日) 東京藝術大学音楽学部内第6ホール
    トークイン・コンサート「戦時下の音楽~教師と生徒」
    2018年7月29日(日) 東京藝術大学奏楽堂
  4. 「戦没学生のメッセージ」ライブ盤CDの発売

こうした活動と並行して、私どもは戦没音楽学生たちの楽譜、日記などの資料のデジタル化を進めています。それらの一部は、すでに公開されていますが、この度私どもはそれをさらに充実させ、2019年4月に戦没学生関連の資料に特化した「Web資料館」(仮称)の開設を目指しています。

つきましては、その「Web資料館」の名称を、広く皆さまから募集することにいたしました。戦没画学生の作品や遺品を蒐集・展示する、戦没画学生慰霊美術館「無言館」(長野県上田市)のような素敵な名前をつけていただきたく、多くの皆さまからのご提案をお待ちしております。

2018年12月

東京藝術大学演奏藝術センター 大石 泰
東京藝術大学音楽学部大学史史料室 橋本久美子

「戦没学生のメッセージWeb資料館」(仮称)名称募集

【Web資料館概要】

  • 開設場所:東京藝術大学音楽学部大学史史料室ホームページ内
  • 公開資料:戦没音楽学生の一次資料(手稿譜、日記、ノート)など
  • 戦没音楽学生の作品の浄書譜、音源、その他関連資料

【応募要領】

(1)名称は日本語、外国語等を問いません。また文字数の制限もありません。

(2)お一人の応募数は、二つまでに限らせていただきます。

(3)東京藝術大学音楽学部大学史史料室の応募フォーム、あるいはハガキによりご応募ください。それ以外のご応募は受け付けませんのでご注意ください。

◆パソコン利用による応募

このページの下段にある「Web資料館名称応募フォーム」から、2019年2月18日(月)までにご応募ください。

◆ハガキによる応募

官製ハガキに、Web資料館の名称とその名前を選んだ理由を簡単に書き、応募者の①お名前、②連絡先(メールアドレスor電話番号)、③Web資料館への希望を明記の上、下記宛先までお送りください。※2019年2月18日(月)必着

〒110-8714 台東区上野公園12-8東京藝術大学音楽学部大学史史料室

「Web資料館」名称募集係

⑷応募締切り:2019年2月18日(月)

【その他】

⑴発表は2月下旬に大学史史料室のHP上で行い、採用者には別途ご連絡いたします。

⑵賞金・賞品などはありませんので、ご了承ください。

⑶応募者(希望者のみ)には「東京藝大アーカイブズ友の会」メールマガジンを配信いたします。

【問い合わせ先】

こちらよりお問い合わせ下さい

Web資料館名称応募フォーム


希望する希望しない