今年1月7日から2月18日までの名称募集、3月5日の名称検討委員会での熱い討議の後、3月5日の演奏藝術センター運営委員会にて正式決定しました。
名称には世田谷区在住の保岡直樹様の「声聴館」が採択され、内容が伝わりやすくするため”戦時音楽学生Webアーカイブズ「声聴館」”となりました。
保岡様は「声聴館」の名称について
「ホームページを拝見すると、“戦没画学生慰霊美術館「無言館」のような素敵な名前を”という文章に出会いました。そこで、同じように漢字三文字で『声聴館(せいちょうかん)』と名付けました。「声」は、戦没学生のメッセージをイメージ。また「聴」は、音楽のように耳を澄ませてきくという意味があり、戦没学生の声に深く耳をかたむけるという思いをこめています。
「せいちょう」は「清聴」「静聴」という響きも連想でき、Web資料館の趣旨にふさわしい名称だと感じました。」との言葉を寄せられました。

皆様からの応募作品より「戦没学生のメッセージ」「戦没学生の置き手紙」「魂魄(こんぱく)の詩(うた)」「若葉のしおり」「ありし日の僕らのことのは」「うたたまのやしろ」「詩魂館」「蘇音館」「風の譜よ 永遠に(かぜのふよとわに)」等を推す声もありましたが、最終的に「声聴館」でまとまりました。